不眠対策と解消法の館

 

不眠対策と解消法の館へようこそ!

当サイトでは、眠れない夜にスムーズに寝付けるための秘訣を、わかりやすく解説しています。不眠と言った場合、寝付きにくさだけが取りざたされがちです。しかし途中で目覚めたり、朝早く目覚めて辛い思いをすることも、不眠症の一種です。きちんと睡眠時間を取っているにもかかわらず、熟睡感がないといった場合も、不眠症の仲間になります。

不眠対策というと、どうしても睡眠薬という考えが先行してしまいます。
そして一昔前のイメージからか、”いつのまにか飲みすぎて、死につながるような危険な薬物”と考えていらっしゃる方もいるかもしれません。しかし、これは誤りです。

不眠対策の治療の現場で使われている睡眠薬は、現在ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤。これは一昔前のバルビタール系のものとは、まったく作用が異なります。脳内で働きかける場所が、そもそも違うのです。現在の睡眠薬は、気分を鎮めてリラックスさせる作用が主体となっています。

不眠対策としては、たしかに心療内科や精神神経科などにかかって、睡眠薬を処方してもらえば眠れるようになります。しかし、それは対症療法であり、原因から改善できるわけではありません。また、そもそも病院に行くこと自体に抵抗がある人が多いのではないかと思います。語弊を恐れずに言えば精神科というと、精神病になったかのような気持ちになってしまい、どうしても気が引けてしまうわけです。

さらに、いったん睡眠薬に頼りだすと、タバコやアルコールのように手放せなくなるのでは?という不安もあるでしょう。たしかに、安全といわれる現在主流のベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤であっても、”慢性的に服用していると”耐性がついてきて、離脱(禁断)症状が起こる危険はあります。

 

そこで、当サイトでもご紹介している、自宅でもできる不眠対策の登場です。
これは、一般には民間療法といえるレベルのものです。しかし、睡眠専門の医師が書いた書籍でも紹介されている、列記とした正統派テクニックです。また安眠・快眠にいいとされるツボ指圧は、中国では医療として確立されています。アロマテラピーにしても、フランスでは医療の一環なのです。たんに日本では医療として認められていないというだけであって、その効果はかなりのものなのです。

不眠対策の方法には、こまごまとした色々なテクニックがあります。
しかし、それらをすべて実践しなければいけない、というわけではありません。そのなかから、あなたの性別や体質、生活習慣、ストレスの状況、年齢、持病の有無などに合わせて、選択すればよいのです。

不眠対策の手法のなかから、いくつかの方法を組み合わせると、それらが相乗効果を発揮して、よりいっそう深い眠りを得られるようになることでしょう。

当サイトで提示する不眠対策が、皆様の寝付けない悩みを解消し、心地よい眠りを得るためのヒントになれば幸いです。

心地よい眠りに就くための、不眠対策の秘訣が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら