不眠対策と解消法の館TOP > 不眠症を治す秘訣とは? > 不眠サプリについて〜メラトニン

不眠サプリは睡眠の導入剤

 

不眠サプリが安眠や快眠に役立つとして、不眠対策に利用されています。

不眠のサプリのいいところは、睡眠薬や市販の睡眠改善薬にありがちな副作用がない点。基本的に食材に含まれている栄養成分を抽出したものだからです。ただしアメリカのサプリメントでは、副作用によって健康を害したという事例があります。

不眠サプリとしては、メラトニンがもっとも有名でしょう。
メラトニンとは、もともと体内でトリプトファンから合成されるホルモン。光が少なくなると分泌を開始し、血圧、脈拍、体温を下げる働きがあります。それによって眠りに入る準備を整え、また睡眠を維持する役割があります。

ところが人によっては、体内のメラトニン産生が少ないために睡眠障害になるケースもあり、この場合は有効です。また高齢になると、体内で作られるメラトニンの量が少なくなります。そのため高齢者は寝付きが悪くなったり、夜中に目覚めたりするわけですね。

 

日本ではメラトニンは、不眠サプリとして販売されていません。
もし服用したい場合は、海外で販売されているものをインターネットで購入することになります。しかしメラトニンの服用量や効果、副作用などはまだ分かっておらず、思わぬ不具合が隠されている可能性もあります。日本の医療機関でも不眠症に役立てている施設もあるようですが、できれば医師の指導の元に飲んだ方がよさそうです。

不眠サプリとしてメラトニンを飲むのはおすすめできませんが、自然の食材から摂取するのであれば安全です。メラトニンは、キャベツの原種であるケールに含まれています。ケール自体が販売されているのは、あまり目にしませんが、日本では青汁として粉末状で売られています。牛乳にまぜて飲めば、かなり不眠対策として有効な安眠ドリンクとなることでしょう。

 

不眠サプリとしては、ケールからメラトニンを摂取するのがオススメですが、トリプトファン経由でメラトニンを作る方法もおすすめです。トリプトファンとは牛乳から発見された必須アミノ酸。腸で消化されて脳内に入ると、セロトニンに変わり、最終的にはメラトニンに分解されます。そのためトリプトファンの摂取量が少ない人は、メラトニンがうまく作られないために、不眠症になりやすいといわれています。

トリプトファンは牛乳のほか、大豆、肉類、卵などに含まれています。
大豆はオススメです。納豆に醤油と刻んだネギを加えるといいでしょう。ただトリプトファンが安らかな眠りにいいからといって、ひとつの食材を取りすぎることは要注意です。牛乳や肉類を摂りすぎると、動物性脂肪の摂取が多くなります。卵を摂りすぎると、コレステロールが多くなる危険があります(一日一個程度なら心配ないといわれています)。

メラトニンは昼間に太陽の光に多く当たることでも、体内で多く作られます。
適度なトリプトファンを摂取したら、あとは太陽の光を浴びるようにしましょう。太陽光はストレスホルモンを体内に作り出し、夜になって睡眠物質に変化するという効用もあります。

不眠サプリは、そのほかカプサイシン、グリシン、アルギニン、ギャバ、メチオニン、硫化アリル、ビタミンB群、ナイアシン、カルシウム、マグネシウムなどがあります。これらは、じつは昔の日本食に含まれています。ですから玄米や魚を中心とした献立にすると、不眠症のサプリメントをべつに摂らなくても、自然と安眠の栄養素を摂取することができます。

不眠対策の方法やコツが書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら