不眠対策と解消法の館TOP > 不眠症を治す秘訣とは? > うつ病と不眠の関係とは?

うつ病と不眠について

 

うつ病は不眠を招きます。

うつ病とは気分障害の一種で、気持ちが乗らない、不安感、焦燥感などを伴う精神症状です。セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質が不足することにより、引き起こされるといわれています。

うつ病と不眠を考えるとき、よく精神生理性不眠の患者さんと比較されます
これは、とくに原因が見当たらない睡眠障害で、寝ることを過度に意識することで発症します。

精神生理性不眠の患者さんは、本人が訴えるほど眠れていないわけではありません。実際はけっこう眠れているものです。そして、そのことを実際の睡眠グラフを通して指導すると、たいていは認識を改めて、自然と不眠症は改善の方向へと向かいます。精神生理性不眠の患者さんの特徴として、眠れない苦しみを綿々と訴えることが多くなります。

いっぽう、うつ病の不眠の場合は、本人が訴えるとおりに実際にも眠れていません。うつ病になると寝付きが悪くなり、中途覚醒が多くなります。また寝れたとしても、眠りが浅くなります。眠りが浅いということは、深いノンレム睡眠をとれないということであり、成長ホルモンもあまり分泌されなくなります。そうなると肌が荒れたり、免疫力が低下し、さらに深刻な状況になる可能性があります。

うつ病の患者さんは不眠症であっても、それ自体の苦しみを訴えることは少ないようです。いろいろな面で精神生理性不眠の患者さんと対称をなしているわけです。

うつ病が不眠の原因である場合、睡眠を何とか治療しようとするのではなく、カウンセリングと抗うつ薬を主体に、うつ病の治療を優先させます。うつ病の不眠は、付随する症状というか副作用といったものなので、うつ病を治療して治せば、しぜんと快方に向かうものだからです。

 

うつ病の不眠は、このように根本を治療することによって、自然と眠れるようになります。うつ病はセロトニンが不足していることが原因といわれているので、最後に補足的な知識として、セロトニンを増やす食事をご紹介します。

まずセロトニンは、それ自体を食べ物や飲み物から摂取することはできません。必須アミノ酸であるトリプトファンという形で取り込む必要があります。そうすると脳内の松果体で、鎮静性のセロトニンが合成されます。これはさらに睡眠ホルモンであるメラトニンへと変化するので、トリプトファンは不眠対策にとって欠かせない栄養素となります。

さてうつ病の不眠の解消に役立つトリプトファンですが、大豆、牛乳、卵白、バナナなどに含まれています。納豆は大豆が原料ですし、血行をよくするナットウキナーゼも含まれています。ネギと、ギャバが豊富な醤油を加えて、夕食事に摂取する習慣をつけることは、不眠対策として有効です。

そのほかうつ病からくる不眠には、メチオニンという成分もオススメです。
こちらもアミノ酸の一種で、味噌に含まれています。メチオニンは抗うつ剤としても利用されているほど。うつ病のほか統合失調症(精神分裂病)の症状を軽減する作用があるといわれています。夕食時には、前述した納豆に加えて味噌汁を飲むようにすると、欝から来る不眠の対策としてはいいかもしれません。

不眠対策の方法やコツが書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら